帰化した人ってどんな人?

帰化した人ってどんな人?

帰化許可申請者数等の推移

過去10年間の帰化許可申請者数,帰化許可者数等の推移

法務省民事局


(単位:人)

事項
帰化許可申請者数 帰 化 許 可 者 数 不許可者数
合計 韓国・朝鮮 中国 その他
平成11年 17,067 16,120 10,059 5,335 726 202
平成12年 14,936 15,812 9,842 5,245 725 215
平成13年 13,442 15,291 10,295 4,377 619 130
平成14年 13,344 14,339 9,188 4,442 709 107
平成15年 15,666 17,633 11,778 4,722 1,133 150
平成16年 16,790 16,336 11,031 4,122 1,183 148
平成17年 14,666 15,251 9,689 4,427 1,135 166
平成18年 15,340 14,108 8,531 4,347 1,230 255
平成19年 16,107 14,680 8,546 4,740 1,394 260
平成20年 15,440 13,218 7,412 4,322 1,484 269
※いずれも暦年の人数である。

帰化申請のきっかけ
1位:子供の将来のため
2位:結婚・婚約
3位:仕事や就職のため
4位:海外旅行へ気軽に行きたい
5位:政治に参加したい

弊所への依頼者について 
ご依頼者の年代は?
1位30代 50%
2位20代 25%
3位40代 15%
4位50代 10%

男女比は?
男性:女性=3:1

行政書士からひとこと
帰化申請の理由はみなさん一つではありません。いろいろなことがきっかけとなって帰化申請を決意されているようです。中でも、一番多いのは「子供」に関することです。現在お子さんがいらっしゃる方はもちろん、将来のことを考えての方もいらっしゃいます。結婚もそれに関係してくるのでしょうね。

「気軽に海外旅行に行きたい!」これも多くの方が言われます。どれを取ってみても人生のターニングポイントかもしれませんね。

さらには帰化申請の要件が緩和などにより、以前のような難しいイメージも軽減されてきたためか、若年層の帰化申請が急激に増えています。

 

帰化申請代行センターへの相談は無料です。

当サイトは、帰化申請をお考えの方へ、代行サービスのご案内から、帰化申請の条件や、必要書類、メリット、帰化許可までの流れなどを分かりやすく紹介しております。
ありふれた言葉ではございますが、「お客様のメリットを第一に」この言葉をモットーにサービス向上に努めております。まずはお気軽にご相談ください。

ご相談は無料で承っておりますので、下記いずれかまでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

帰化申請代行センター4つのお約束"

帰化申請代行センターのサービス内容・費用

途中まで進めた方はお問い合わせください! 個別にお見積もりいたします
帰化許可申請(特別永住者*1/給与所得者) 157,000円
帰化許可申請(特別永住者*1/事業所得者・会社役員) 210,000円
書類収集サポート 52,000円
書類収集+翻訳サポート 94,000円
書類作成サポート 42,000円
帰化許可申請(同一世帯の家族)/1名追加ごとに*2 52,000円
帰化許可申請(事業所得者)/1事業所追加ごとに 35,000円
*1 外国人登録証の「資格」欄が「特別永住者」となっている方。
*2 15歳未満の家族は無料となります。

*料金は職業・年齢で異なります。

*その他手続きはお問い合わせください。