帰化申請の必要書類

帰化申請の必要書類

必要書類は、職業、年齢、国,など申請者の状況によって違います。(以下は特別永住者の場合)

<プリントアウトして、□にチェックを入れてお使いください。>
作成する書類
   <用紙は法務局でもらえます。コピーと原本各1通づつ必要です>
  
 □ 帰化許可申請書(5cm×5cm写真貼付)

 □ 親族の概要書

 □ 履歴書

 □ 生計の概要書

 □ 事業の概要書  
    申請者が個人事業または会社経営、それらに関係している場合は必要。

 □ 居宅付近の略図
集める書類( )は簡単なアドバイス、<>は交付場所です。

   
 □ 運転記録証明書(過去5年分) <自動車安全運転センター>

 □ 運転免許書(表裏コピー)

 □ 各種免許(ある場合)

 □ 本国の戸籍謄本 <民団(有料)や領事館、本国の役所など>

 □ パスポート (コピー)

 日本での届書記載事項証明書 <市区町村役場>
   □ 出生届 (本人、必要に応じて親族)
   □ 死亡届 (親族)
   □ 婚姻届 (本人、父母)
   □ 離婚届 (本人、父母)
   □ その他 (養子縁組、認知届、親権を称する書面など)

 □ 日本の戸除籍謄本 (配偶者、親族、婚約者) <市区町村役場>
     親族に帰化している者がいる、父母が日本人である、
     配偶者・婚約者が日本人である、親族が日本国籍を失ったものである。
     などの場合に必要です。

 □ 住民票 (配偶者、婚約者、同居親族が日本人である場合)

 □ 外国人登録原票記載事項証明書 (本人、同居者) <市区町村役場>

 □ 給与明細書 (原本+コピー  同居親族の申請前1か月分)

 納税証明書
(給与取得者の場合)
 □ 源泉徴収票 <勤務先>

 □ 都道府県・市区町村民税(非課税の場合は所得証明書) <市区町村役場>

(給与取得者で確定申告義務のある方の場合)
 □ 源泉徴収票 <勤務先>

 □ 都道府県・市区町村民税(非課税の場合は所得証明書) <市区町村役場>

 □ 確定申告書(控・決算報告書含む)

 □ 所得税納税証明書(その1、その2) <税務署>
     
(個人事業主の方)
 □ 都道府県・市区町村民税(非課税の場合は所得証明書) <市区町村役場>

 □ 所得税納税証明書(その1、その2) <税務署>

 □ 事業税納税証明書 <都道府県税事務所>

 □ 消費税納税証明書 <税務署>

 □ 確定申告書(控・決算報告書含む)

 □ 源泉徴収簿、納付書および領収書

(法人経営者の方)
 □ 源泉徴収票 <勤務先>

 □ 都道府県・市区町村民税(非課税の場合は所得証明書) <市区町村役場>

 □ 法人都道府県民税納税証明書 <都道府県税事務所>

 □ 法人市区町村民税納税証明書 <市区町村役場>

 □ 法人事業税納税証明書 <都道府県税事務所>

 □ 法人所得税納税証明書 <税務署>

 □ 法人消費税納税証明書 <税務署>

 □ 確定申告書(控・決算報告書含む)

 □ 源泉徴収簿、納付書および領収書

会社経営・自営している場合
   □ 法人登記簿謄本(登記事項証明書)
 
   □ 営業許可証・免許証類の写し

□ スナップ写真(上半身、2~3枚)

□ その他

帰化申請代行センターへの相談は無料です。

当サイトは、帰化申請をお考えの方へ、代行サービスのご案内から、帰化申請の条件や、必要書類、メリット、帰化許可までの流れなどを分かりやすく紹介しております。
ありふれた言葉ではございますが、「お客様のメリットを第一に」この言葉をモットーにサービス向上に努めております。まずはお気軽にご相談ください。

ご相談は無料で承っておりますので、下記いずれかまでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

帰化申請代行センター4つのお約束"

帰化申請代行センターのサービス内容・費用

途中まで進めた方はお問い合わせください! 個別にお見積もりいたします
帰化許可申請(特別永住者*1/給与所得者) 157,000円
帰化許可申請(特別永住者*1/事業所得者・会社役員) 210,000円
書類収集サポート 52,000円
書類収集+翻訳サポート 94,000円
書類作成サポート 42,000円
帰化許可申請(同一世帯の家族)/1名追加ごとに*2 52,000円
帰化許可申請(事業所得者)/1事業所追加ごとに 35,000円
*1 外国人登録証の「資格」欄が「特別永住者」となっている方。
*2 15歳未満の家族は無料となります。

*料金は職業・年齢で異なります。

*その他手続きはお問い合わせください。